豚サーコウイルス2型。

つい最近の事でしたが、豚を美味しくする為にって
ドブ川みたいなのに豚の飛び込み何ぞしていたかと思っていたら。
 
豚サーコウイルス2型に感染し3000匹以上も
川に捨てていたと言う、おぞましいNEWSが報じられました。
 
水質には問題無い。
(そちらの水質基準自体が、信じれぬけど)
 
川をゴミ捨て場だと思っている事自体、最低。
 
さてさて、本題の豚サーコウイルス2型ですが・・・。
サーコウイルス(PCV)には、1型と2型があり、2型が PMWS に関係している。
1976年(イギリス)と1986年(スペイン)にサーコウイルス2型(PCV-2)の抗体が検出され、
PCV-2 感染があったことが分かった。
 
その当時は感染がありながらPMWS が発症しなかったのかについては、
最近になって発症するようになったのは何故なのかは分かっていない。

 

PMWS 発症豚の病原学的検査の報告から、PRRSV との混合感染を

指摘している研究者もいるが、状況証拠の段階であり、確定はしていない。

 
ただし、感染実験で、PCV-2+PRRSV、PCV-2+PPV、PCV-2+免疫刺激などで
PMWS を再現したとの報告があるので、あながち間違っているとはいえないだろう。
との事・・・。
うーん。
アフラトキシンを始め数多く有るカビ毒(マイコトキシン)が関与濃厚の気がしてならない。
(現在までに化学構造の明らかになったマイコトキシンの数は、300を遥に超えています。)
 
まにあとしては、大好き化学構造・・・。
カビ毒の中でも、デオキシニバレノールの可能性は無いのだろうか?
ちなみに・・・。
 
フザリウム・トキシン
(1)トリコテセン系マイコトキシン数多く知られているが、
トリコテセン系マイコトキシンの中で自然汚染が確認されているのは・・・。
 
ジアセトキシスシルペノール(DAS)
T-2トキシン(T-2)
ニバレノール(NIV)
デオキシニバレノール(DON)
3-アセチルーデオキシニバレノール(3-Ac-DON),
15-アセチル-デオキシニバレノール(15-Ac-DON)
フザレノン-X(Fus.-X)の7種類である。

デオキシニバレノール由来・・・。
菌学検査で分離されるFusarium菌種では,F. graminearum
あるいはその完全世代の子のう菌Gibberella zeaeが多く、
古くから麦類赤かび病菌として知られる菌が穀類汚染の主体となっている。

汚染 
国産小麦,外国産小麦,国産大麦それに外国産大麦いずれからも,DONおよびNIVが検出されている。

この事から、豚の肥料にカビ毒が有ったと言う可能性を高く感じます。
そこで、考える事は・・・。
カビが発生しやすい状況・・・
 
すなわち、中国産食品、中国産唐辛子、中国産山椒などのスパイス類、
中国製オイスターソース、豆板醤、その他の醤などの調味料、
乾燥椎茸や中華用の乾物に、カビが有るかもしれないと・・・。
 
もしも、ご自宅に、上記のモノなどが有りましたら、
普段使用している、していないは関係無く、チェックされてみて欲しいです。
 
もやもや〜っと白い綿のような物が出ていたりしたら、その場所だけ捨てて、
後は大丈夫って口にされないで下さい。
 
カビは細菌ですので、その部分を取っても細菌は全てに枝を伸ばしていますので、
勿体無いとか思わず、必ず捨て下さい。
 
万が一、カビ毒、アフラトキシンB-1だったら、発がんする発ガン物質と
なりますので、要チェックされて下さい。
 
アフラトキシン、アフラトキシンB-1解説は、
また上記の様に化学構造を書いて、長〜くまにあになってしまうのですが・・・。
書いちゃいます。
 
アフラトキシン
由来
アフラトキシンは,1960年英国で起こった10万羽以上の七面鳥の中毒事件を発端として発見された
マイコトキシンで、強い毒性と発がん性を有している物質です。。
 
アフラトキシンが注目されたのは,天然物質の中で最も発がん性が強く
世界的に見て農産物への汚染が広く発生している。
 
産生菌
アフラトキシン産生菌としてAspergillus,Penicillium,Rhizopus,Mucor 属と多岐にわたっている。
現在では,アフラトキシンを産生する菌は,Aspergillus flavus ,A. parasiticus及び
A. nomiusの特定の菌株であることが一般に是認されている。
A. flavus菌群は世界中の土壌、空気中から検出される一般的な菌であるが、
アフラトキシンを産生する菌株には地域的分布に差があるようである。
 
それはアフラトキシンの農産物汚染が南米、アフリカ、東南アジアに多く発生しているのに比較して、
日本やヨーロッパの北部地域ではほとんど汚染が発生していないからである。
東南アジアおよび日本における土壌中のアフラトキシン産生菌の分布を調べると、
アフラトキシン産生菌は本州中部以北には生息できず、
本州南部から東南アジアにかけて分布していることがわかった
 
その分布域は,年平均気温16℃より暖かい地域であった。

 
汚染
アフラトキシンの自然汚染では,ピーナッツ、トウモロコシ、ブラジルナッツ、
棉実に良く認められるが、大豆、小麦、大麦、燕麦にも多く見られます。。
また,スパイスについては白胡椒,唐辛子,パプリカ,ナツメグにアフラトキシンが発見された。
 
長くなったついでに・・・。
自家製で唐辛子を栽培され干したのに唐辛子の中から、白い綿のような
物が出ていましたら、それは上記のカビで危険ですので、捨てて下さい。
 
スポンサーサイト

金沢競馬が約3か月間の冬季休催期間を経て、いよいよ開幕しました。
 
2013年3月12日 (火)金沢第6競走ダート1400m (右) 天候:晴 馬場:稍重
おやびん厩舎、イロッポイ牝 4歳
6番人気でしたが・・・。
 
2着でした。
 
おやびん厩舎の牝馬はキツイコが多い・・・。
(母親様の干支は馬・・・。)


苺ちゃん。
今年は500苗ちょい。
雑草を取り取り。

竹灰をかけてあげました。
(病気予防)
竹灰をかけてから画像を撮ってしまった・・・。

もう少し風色が変わったら、マルチします。
今年も甘〜い苺ちゃんになってな。
わくわく。
 
 
いちごのランナー(苗)解説みたいなのが、これ。

なんじゃこりゃ&追記ちゃん。

昨日の夜に洗車したんに


朝、MGが黄砂で真っ黒!!

タイヤのホイルが・・・。
マジっすか!!

なんじゃこりゃ

錆びとる


錆落としに時間が取られた
落とした錆、送ったろか!

気分直して、畑へ〜♪
壬生菜ちゃん。

乾燥藁馬糞と頂いて来た川砂などと混ぜて寝かせた堆肥ちゃん。
臭みが全く無い仕上げにしたので、出来◎ざんす。
でで━━━━んっと入れ!!

着々と土壌が良い感じでっす。

あれ?
プランターに何かなってる。

ん?
大根ちゃん?

うーん。
 

どうも種がこぼれていた模様。
 
先日から体調が悪かったので、食欲が0。
体重が直ぐ落ちるから、困ったちゃん。
 
米食で、平熱が高いので付かないんです。
ちなみに普段は37.5℃前後ですが・・・。

こんな感じの平熱です。
御陰で今の所、シワ無いっす。

 
収穫して来たお野菜で美味しい煮物を作りました。

白菜のお漬物。
(100均のお皿ですんません。)

ご飯3杯。
頑張りました。
鰹のツナとサラダ。
マヨ真珠の記憶が薄らいだので、マヨちゃん大丈夫かと思いきや・・・
受け付けず・・・out!

母親様が頂いてくれました。
 
 
今日から忙しくなりますので、コメントが遅れましたらすいません。
美容や仕事、健康、サップリメントなど
為になる記事やマニアックな記事は、
で書き書きしていますので、宜しかったら見て頂けると嬉しいです。

ツーン!

アレルギーのデパートってか、アレルギーの倉庫みたいなokuyukiですが、
砂糖を一切、口にしない為、花粉症では有りません。
 
 
フキに含まれる「フキノール酸」「セスキテルペン配糖体」に抗アレルギー作用があり、
花粉症に効果を上げていますが、西洋フキの加工品類だと肝臓に影響が出たと
厚生労働省から報告が有りましたので注意です。
 


からし菜の菜の花ちゃん。

あっぷ!
手の赤ペンいたずら書きは無視してちょーだい。

高温だと苦いだけになります。

からし菜の漬物のごま掛け。

 
つーんとした辛味が美味しいデス。

浮腫を排除してくれるカリウムを多く含み
カルシウムやリン、ビタミンC、K、鉄分などのミネラルも豊富。
 
辛味成分は揮発性と耐熱性があり、イソチオシアネート類です。
植物にとっては昆虫などからの食害を防ぐ防御物質ですが、
人間には食欲増進、肝機能強化、抗酸化、免疫力強化の働きが有るそうです。
この成分は耐熱性が有り加熱しても変化しないそうです。
 
食べる酵素の宝庫!


うひひっ。
怪しい光は・・・。
始動のサインかな?

育成スタートっす。
 

里芋剥き剥き〜

里芋で手が痒くなるって方にはお薦めかな?
 
里芋の皮を簡単に剥き剥きしちゃおう〜。
 
里芋の上下の皮を切ります。
上と。

下も。

で、横に縦線の切れ込みを入れます。

それから、このまま茹でましょう!!

茹で上がったら。
 
すると・・・。
切れ込みから、するるっと。

ぴろーんって剥けます。

こんな感じ!

これ、良いですよ〜。

わさび醤油で頂く芋刺、美味しいよ。
 
里芋の効能。
 
注目成分
ムチン、ガラクタン、マンナン、カリウムなどなど。
便秘予防、高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防などなど。
 
里芋のぬめりは、ムチン。
ムチンはタンパク質と糖類が結合したもので、身体にも良い影響を及ぼしてくれます。
 
タンパク質分解酵素を持つため、タンパク質が効率よく消化吸収され、疲労回復に効果が有ります。
抗ウイルス作用、細胞を活性化させるなどです。

また、ガラクタンやこんにゃくでお馴染みのマンナンという成分を含みます。。
ガラクタンは水溶性食物繊維で、免疫力を上げてくれるたり、
血中のコレステロールの抑制、便通を良くしてくれる働きが有るとされます。
 
マンナンも便秘予防や糖尿病予防などに効果が有ると言われています。
マンナン、こんにゃくで聞かれると思いますが、
こんにゃくはサトイモ科なり。
 
里芋にはカリウムが豊富なので、浮腫みなどの体内の余分なナトリウムを
排出して血圧の上昇を抑える効果も有ります。
 
造血作用の有る葉酸や肌荒れに良いとされるビタミンB6も含まれています。
細胞活性→美肌っすよ。
 
タンパク質分解酵素を持つため、手が痒くなるって訳です。
ちなみに、すっぱいパイナップルとかを口にされて
舌がピリピリも同じ感じです。
 
補足。
切り口にきらきらとしら感じのはタンパク質が付着したシュウ酸の
針状結晶が多数有るから〜。
これで、肌が荒れる方も多いので、茹でましょう!

oh〜!

大根の葉掻き記事、有りますた〜。
(珍すぃ〜)
大根葉の葉掻き記事はこっちです。
 
仕事で疲れてしまって、ヘロヘロでやんすが、
ちょっち早いけど、いよいよ畑作りしますかい?
oh〜!
頂いてきた蓮葉っぱを乾燥させたやつをどばーっと入れて、クヌギ入れて〜♪
筍の皮を薫灰にしたのと草木灰にしやしたぜ。
 
あくまでも畑は手作りなり〜♪
 
乾燥藁馬糞、ど━━━━ん。

豪快に行きましょう!!
 
って言いながら、何も無い所でこけちゃった。
てへっ。
あいよが大きいから、こけるのね〜。
 
燻もしましょう!

全面にびろ━━━━ん。

あれ?
干からびた茄子ちゃんが・・・。

そう、茄子は放置で、その枯れ木を利用して空豆しまーす。
まだ、開始してないけど・・・。
そろそろ開始しませう。
 
生の馬糞は使用してません
くれぐれも。←いらんねこれ。
 
虫は沸くって言うから、生は使用せず!
 

ホリホリ!

が終わって、すたこらさっさで戻って来て・・・。

大根ちゃん。
雪前の葉掻きが成功の元の様子。

でん。

ででん。

ででーん。
森本自然薯を掘り掘り。

oh!
森本自然薯を綺麗に剥き剥きして、切って煮ております。
昆布〆で使用した昆布を切って、鰹、唐辛子で煮ております。

煮詰まって来たら、ことこと。
が、しかーし。
okuyukiはどんな、じゃが芋や里芋、自然薯を炊いても、茹でても、
ずっと、形も崩れず・・・。
アミラーゼが・・・。
疲れた〜って言っても、全く疲れていないから、煮崩れしません。
 
完成〜。

 
こんな夜遅くに、ひとりご飯〜。

そば粉100%に自然薯を繋ぎに、打ってみた細そば。

頂きます。
とっても美味しかったです。
ご馳走様でした。
で、いつものデザート。夏場に収穫した苺ちゃんの冷凍。
自然解凍して

毎日、10粒は頂いてます。


も、宜しかったら見て頂けると嬉しいです。

アサツララ。

先日の暖かさは、イズコへ〜?
金沢は吹雪いちゃっております。
 
もうちょっとで、吹雪って名前になる所だったらしいokuyukiです。
奥吹雪・・・。
売れない演歌歌手通り越して、ダサいちゅうに。
 
朝の厩舎の洗い場。
氷柱ちゃん。

冷えますね〜。
 

ツカレタデシ

やっとただいまです。
 
I was good to meet you!
I am grateful that I met you.
You genius!
Lucky Me。
 
などと言って頂けて嬉しかったです。
(当然、当たり前なんですけどね。)
 
でも自分はまだまだ技術者としてスキルupしたいと努力してます。
今日より、明日の方が技術が向上していたいと思ってます。
 
で、あれれ?って言われたのが・・・。
Probably not a earthling you!!
地球人じゃ無いって、どう言うこったっすかね?(爆)
さすが奥だけに奥高厩舎は奥に有ります。

厩舎にただいまぁ〜

って誰も居ず。
どうも入厩が有った模様。
ガードマンさんの所にオヤビン発見!

ガードマンさんには、いつもにっこりスマイルで、
 
お疲れ様です遅くまでご苦労様です。
父がいつもお世話になっております。
 
ガードマンさんがさすが奥高さんの所のお嬢さんですね。
おやびん、すこぶる上機嫌。
 
おやびんが、良くして頂けるなら、どれだけでも頭を下げます!!
by.okuyuki
競走馬用のトラックが入厩して来ました。

結構大きいなトラックです。

あんまり見る機会がないでしょうけど、競走馬の輸送トラックは、
こんな室内です。

めっちゃ広いです。
で、色々と雑用なんぞお手伝いしてました。
ってかお馬さんと、戯れていた?
 
厩舎の上に積んであった藁を10足、藁灰作りに、頂いてきました。
ちゃっかり、えへ。

今日は、父も母も厩舎なので・・・。
にひっ。
すみません画像出ます。
究極に疲れた〜とか体調が優れないって時には・・・。
 
アゴ出汁、昆布、干し椎茸で取ったお出汁に追いかつおをして
最高に美味しい澄んだお出汁+薄口醤油で作った、和風麺出汁。

野菜のかき揚げを入れてっと。
きらーん。
糠塚唐辛子の一味220g。

全部、投入!

とっても美味しいです。

パワー充電完了!
ご馳走様でした
猛暑や激寒でも平気なのも唐辛子のお陰。
また、自分の持病にも唐辛子が効果を発揮してくれています。
唐辛子に感謝!