2013/03/07

里芋剥き剥き〜

里芋で手が痒くなるって方にはお薦めかな?
 
里芋の皮を簡単に剥き剥きしちゃおう〜。
 
里芋の上下の皮を切ります。
上と。

下も。

で、横に縦線の切れ込みを入れます。

それから、このまま茹でましょう!!

茹で上がったら。
 
すると・・・。
切れ込みから、するるっと。

ぴろーんって剥けます。

こんな感じ!

これ、良いですよ〜。

わさび醤油で頂く芋刺、美味しいよ。
 
里芋の効能。
 
注目成分
ムチン、ガラクタン、マンナン、カリウムなどなど。
便秘予防、高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防などなど。
 
里芋のぬめりは、ムチン。
ムチンはタンパク質と糖類が結合したもので、身体にも良い影響を及ぼしてくれます。
 
タンパク質分解酵素を持つため、タンパク質が効率よく消化吸収され、疲労回復に効果が有ります。
抗ウイルス作用、細胞を活性化させるなどです。

また、ガラクタンやこんにゃくでお馴染みのマンナンという成分を含みます。。
ガラクタンは水溶性食物繊維で、免疫力を上げてくれるたり、
血中のコレステロールの抑制、便通を良くしてくれる働きが有るとされます。
 
マンナンも便秘予防や糖尿病予防などに効果が有ると言われています。
マンナン、こんにゃくで聞かれると思いますが、
こんにゃくはサトイモ科なり。
 
里芋にはカリウムが豊富なので、浮腫みなどの体内の余分なナトリウムを
排出して血圧の上昇を抑える効果も有ります。
 
造血作用の有る葉酸や肌荒れに良いとされるビタミンB6も含まれています。
細胞活性→美肌っすよ。
 
タンパク質分解酵素を持つため、手が痒くなるって訳です。
ちなみに、すっぱいパイナップルとかを口にされて
舌がピリピリも同じ感じです。
 
補足。
切り口にきらきらとしら感じのはタンパク質が付着したシュウ酸の
針状結晶が多数有るから〜。
これで、肌が荒れる方も多いので、茹でましょう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント