2016/03/18

炎上覚悟で・・・攻撃性癲癇・・・それは恐ろしい脳の遺伝病!!だけど諦めずゆっくりコマンドを入れていけば必ず改善されると信じています

お風呂に入りながら

ぷるとのガムをアムアムしてる姿を見ると

MOV_2561(2).jpg

ほっとします。


このぷるとの嬉しそうにガムをアムアムしてる顔からは


攻撃性癲癇を持っているなんて

想像もつかない事でしょう

ぷるとは攻撃性の癲癇を持っていると

生後60日で言われました


攻撃性の癲癇は脳の遺伝病です。

普段はイイ子なのに

何秒も掛からず攻撃癲癇が現れ

流血騒動になっていました

獣医さん達は

この攻撃性癲癇を持つ子は

ペットとしては向かないっと

判断され

粗、米国ですと殺処分しか無いとなるそうです。

だけど

流血をしたって牙が当たった程度で有っても

その後

ぷるとは何故そんな事をしちゃったのだろうと

一人で

落ち込んで悩んでいるようでした

まるで

ぷるとが自分の脳と攻撃をした脳と

比べて

戦っているようでした

そしてその落ち込んでいるぷるとを見て

ぷると自身が

したくてしたわけじゃ無い

脳の病気なのだし

一緒に戦おうっと思っていました

だけど

成長と共に

攻撃性癲癇は脳からの指令

すなわち

脳の中で

脳内のホルモンへと増して行き


攻撃性のテストステロン が過剰になってしまいます

所謂


攻撃性がもっと増してしまいます


私は

2重の悩みになりました

毎日

お口は美味しい物をアムアムする所だよ

イイ子イイ子っと

攻撃性のテストステロン が過剰になっちゃう子には決して

叩いたり、叱ったり、ダメ、

っと

言ってはいけないのです

余計に

はむかって来るからです

毎日のトレーニングのお陰と

ぱらるたんを守ってあげての指令が

どんぴしゃで


ぷるとから攻撃性のすべてが抑え切れている様に思ってます


お会いする方々から

ぷるとに攻撃性癲癇&攻撃性テストステロンなんか

持っている様に

全く見えませんね



言われるようになっています

もし

わんちゃんを購入して

素敵なわんちゃんとの生活を夢見ていらっしゃったはずが

攻撃性癲癇&攻撃性テストステロン が過剰になっちゃう子で

有ったとしても

直ぐに手放すとか

殺処分とかにさせず

ゆっくり

コマンドを教え

諦めないで欲しいです。


まだ2歳のぷるとが自分の脳をコントロール出来ています。

もう直ぐ

3歳

3歳は楽しい日が沢山~有るとイイナ

DSC_2536.jpg
にほんブログ村 に参加しています。
ポチット、クリックを宜しくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

にほんブログ村


携帯電話の方は下記をクリックされて下さい。


http://dog.blogmura.com/sheltie/

何卒、宜しくお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぷると君
雪ちゃんの仔になって良かったね(^_^)v

お邪魔致します。
大変な経験から、示唆に満ちた、深いお言葉と思いました。攻撃性自体は、種として持っていて当然ですし、ヒトとの暮らしを選んで変わっていったDNAであっても、太古からの本能は消えないですし。
適正をみて、直子を産ませるべきかの判断を誤った事こそ、責められるべきで、産まれた子に罪は無いですね。その命を引き受けた方の責任感だけが、そうした子達の命の拠り所なのだと改めて感じました。

天才ぷるとさん(^O^)、愛らしい良きお兄ちゃんです。思考が勝る賢い子です。ちなみに、我が家の子達は煩悩が勝ります(゚o゚;;。

Re: 浜ちゃん。

今日は。
家に来てくれて良かったです‼

Re: レオミクs'パパさん

今日は。
攻撃性てんかんは遺伝ですので
子孫を繁栄させるのは絶つべきだと思います。
産まれて来た子が難儀です。
そして、必ず伝えるべきだと思います。
幸いにもぷるとは自分の脳で考え悩んでくれて
一生懸命コントロールをしようと
努力をしてくれてます。
ぱらるが弟になってくれ、ぷるとにも守る指名が
ぷるとを良い方向へと導いてくれてると思います。
レオン君ミク君、ばう語での会話
聞いてみたいですよね。
どんな匠な…(笑)
流石~蔵の貴公子ブラザーズですよ。

No title

okuyukiさんの努力は並大抵の事ではないかと存じます、

お口は美味しいとこをあむあむする所、なるほどー

わんちゃんと生活してて、だめよーとかは、つい言ってしまう

okuyukiさんの忍耐力と見守り方は感服しかございません。

ぷるちゃんは実に幸せです(*^_^*)



攻撃性の本能が残って、人間との共同生活に向かないからと言って

放棄せずに諦めない事、わんこ生活しようとする人にはとても大切な心構えですね。


フロールはどんどんまったりわんこになって来てて、太古の本能は

チキンジャーキーを貰う時だけに発揮です(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。
分かっていても口にしてはいけない言葉を口にしてしまう事、
あります…

ゆきんこ、いい年して自分に甘すぎる…と反省する事、結構あります。。


okuyukiさんのブログを読んで
okuyukiさん、ぷるとくん、ぱらるたん、皆がお互いを思いやって過ごしているokuyukiふぁみりーがとても好きです。
立派だなぁ… 見習わなくちゃ!と、前向きにさせてもらい、いつも感謝しています。


可愛いぷるちゃんへ。
ぷるちゃんは
雪たんママとぱらるたんに出会う運命だったんだね。
皆の事を思う優しさは、ママ譲りかな。
時々は弛みながら
これからも楽しい毎日を過ごしてね(*^^*)

Re: フーママさん。

今晩は。
ぷるとを迎える前…
どんなわんちゃんでも迎えたいと思っていました。
ぷるとが攻撃性を持ってると解っても
ぷるとが家族になってくれた有り難みの方が
勝りました。
ぷると自信、自分で悩み葛藤していました。
ゆっくり見守りながらですが、それに応えてくれるぷるとを信じています。
攻撃性を持ってるって事で、諦めたりされず
きちんとコマンドを入れればコントロール出来るっと
伝えられれば嬉しいです。
フロールちゃん、チキンジャーキーがお好きですよね
(^-^)
我が家もです。
フロールちゃんと共通してるって嬉しいです♪(^-^)

Re: マリリン

今晩は。
蟹さんムキムキお疲れさまです。
(^-^)
そうなん
何でやらないの?とかって言う事が
後から逃げ道を作ってしまう事になってしまうのです。
あの時、言われたから嫌でっとか
言い訳の幅を広げてしまうのです。
近親者になればなる程
攻めが反撃に合うのよー

Re: ゆきんこ♪さん。

今晩は。
生まれて来てからずっと馬の中で育ち動物に囲まれて生活をしていました。
動物って心を見透かすでしょ。
言葉を出すより目をじーっと見ちゃうのが癖で…
だから挙動不審なのかもしれませんね。

言ってはいけないって思ってっても言っちゃう…
私はイイと思います。
ロボットでは無いですから。
ぷると&ぱらるは兄弟になるべく産まれて来てくれた気がします。
ぷるとを上手にコントロールしてるぱらる
有る意味最強かもしれませんね。
今、日本にいるのもシェルティずのお陰ですよね!